テニスコートの草むしりに行って来た。
1時間でこれだけの草。草むしり後のテニスコート

毎年恒例のテニスコートの草むしり。昨日は雨で中止になったので
1日延期して土曜日の今日、改めて行われました。

東京へ遠征中のohdaiの「明日草むしりいくんですか^^」という言葉を
「俺の代わりに行け」とツンデレ解釈。まぁ最初から行くつもりだったし、
金曜日も時間通りに部室いったんだけどね。

時間の9時に部室いったら、部長のほそと俺だけ
まぁ最初から人数には期待してなかったが・・・orz
途中、さっこと、1年のHが合流しても大学生は4人だけだった。
あ、最終的にはえぎゃーも来たか。

とはいっても今回の草むしりは俺らだけではなく。
練習で今日テニスコートを使う予定になっている地元の中学生
約20名もボランティアで手伝ってくれることになっていた。

約1時間の作業でかなり見栄えはよくなった。
奥のコートなんてほとんど草原だったのにな・・・すげー。

そんなことより、心動かされたのはその中学生らと顧問の先生の言葉。
話を聞けば・・・。

■今日は自主練習で強制じゃない。しかも草むしりを手伝わされるのを
分かっているのにこれだけ人数が集まったとのこと。

■草むしりだけのために来てくれた子もいたこと。

■中学校では部ごとにボランティア活動をしなきゃいけないが、
強制でやらされるボランティアはボランティアとは言えない。
そういう意味で、今日は草むしりできたことはとても有意義であったこと。

■最初は草をむしった後にコートが使えればいいなという気持ちで大学に来た
中学生が、コートの実態を見てがっかりすると思いきや、イヤな顔もせず、
むしろ「目の前に草があるからさ!」と言わんばかりに楽しそうに草むしりすること。

■最後に、全員で「草むしりさせていただいてありがとうございました」と言われたこと。

・・・こっちは心底申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ごめんね、たった4人しかいなくて(´Д⊂)

来週の土曜日も草むしりは行われるので、
ちょっと大学生のいいところが見せられることを祈るばかり。
[PR]
by kslash | 2007-06-30 23:38 | 日記
<< 一足早く短冊にお願いごと。 俺の脳内 >>